かつげんの拠り所

1992年生のしがない福祉系地方公務員のブログ

ライオンを巡る物語 -犬フェスに行ってきた-

 犬フェスに行ってきた。 勢いで書くので、変な文章になってても気にしないでください。

 今回のフェスはアニソンを知っている人であれば、とてつもなく豪華なことが分かる。
 トリを飾れる人ばかりが集まっている。

 今回一番印象に残ったのは、May'nと中島愛のコラボだ。
 私がずっと待ちわびていたコンビで、待ちわびていた曲を歌ってくれた。

 二人が有名になったマクロスFは、とても好きなアニメだ。ただ、May'nのライブには何度も参戦したが、なぜか中島愛のライブには参戦したことがなかった。

 マクロスFが放送され、関連したライブが行われた当初、May'nと中島愛の評判は、明らかに

 May'n(シェリル) > 中島愛(ランカ)

 だった。それはアニメのストーリーに影響されている部分(ランカは優柔不断で不評だった)もあるし、「Be myself騒動」もあった。また、正直に言えば、当時の中島愛は、May'nと比べてそれほど歌が上手くなかったのもあるだろう。
 たぶん、そういう影響を受けて、私も中島愛のライブには行かなかったのだと思う(今思えば後悔している。)

 その後、May'nはアニソン界の中心になっていったが、アルバムを3枚出し、ライブもしていた中島愛は、無期限活動休止となってしまう。
 役としての自分と素の自分と、いろんなものの整理がつかずに、突っ走ってきたわけで、疲れてしまったのだと思う。
 私もライブには行かなかったが、アルバムを3枚とも持っていて、とてもいい曲(可愛い曲で申し訳ないけど、white heart rhythmは名曲)ばかりだなと思っていた。
 だから「え、最近すごい良い曲ばかりなのに、なんで?」と結構ショックだった思い出がある。

 好きになり始めていた途端の活動休止。しかも無期限。そのまま引退してもおかしくないと思っていた。
 しかし、2年間の休止を経て、2016年に本格的に復帰。

 ヴィーナスフォートでの復活ライブが、私の中島愛初ライブとなった。

 復帰後の中島愛は、これまでに増して素晴らしかった。
 Curiosityは名盤。買ったほうが良い。


『Good job!』Music Video(2chorus Ver.)シェリル・ノーム starring May'n/ランカ・リー=中島 愛_「マクロスF」10周年記念企画シングル

 近頃はこんな曲も出していたから、そろそろちゃんとしたコラボもあるのではないかと思っていた。
 そして今日の犬フェスで、2人はついにコラボした。しかも「ライオン」で。

 感慨深い。感慨深すぎる。
 あー、ついにこの日が来たのだと。待っていたこの日が来たのだと思った。

 スターダムを上がっていったMay'nと、苦しみを乗り越えて復活した中島愛

 この2人のドラマを考えたとき、今日のコラボは格別だった。
 とても良い、明日からまた頑張ろうと思えるフェスでした。