かつげんの拠り所

1992年生のしがない福祉系地方公務員のブログ

iDeCoそんなにいいか?問題

NISAという単語は、もはや一般化していると言ってよいだろう。

私自身もやっているが、周りにも株式投資投資信託をやり始めた人もいて、若い人の間では、かなり広まってきていると感じる。

しかし、NISAと共に宣伝されているiDeCoについては、手を出していない。そもそもiDeCoは「年金」である。今から投資信託を利用した積み立てをしておいて、定年後に引き出される。そして定年までは引き出すことが(基本的には)出来ない。

定年は、20代~30代から見れば、まだまだ先の話である。今から30年前に、現在の状態が予測できないように、定年までの間にどのような社会情勢になるのかは予想がつかない。もしかしたら、iDeCoという制度自体がなくなるor縮小されることだってあるだろう。

そういった何が起こるか分からないリスクを抱える中で、引き出すことが出来ないというのは、かなり危なっかしいことのように思う。ということで、私はiDeCoではなく、積立年金をちょくちょく貯めている。社会情勢に左右されることはiDeCoよりは少ないだろうし、何より途中で引き出せる。

若い人にとって見れば、iDeCoという制度はメリットが有るとはあまり思えない。40代になって、「積立年金にプラスして貯蓄したい」というときに考える程度かなと個人的には思っている。